どらちゃんの徒然なるママの日記

日常起きたこと、思ったこと、をつらつらと書いています。ええ、それだけなんです、ほんとに。

最近のマイブーム

 マイブーム、というのかどうかわかりませんが、この歳になってようやく、肌のお手入れをきちんとしよう!!と思い始め、実行に移し始めました。一週間過ぎたかしら?

 お肌の曲がり角はとっくに過ぎて、曲がりすぎて大変なことになっていますがwww

でも雑誌のどこかにどなたのお話しかは忘れてしまいましたが、「何歳になってもお肌の手入れをすればそれに(肌は)応えている」というような記述があり、そうだな、と始めました。

 それまでの私は、眠くなってしまうとお化粧を落とすのも辞めて眠ってしまうという、肌に一番悪いことを何十年として来ていました 汗

 でも大した肌トラブルはありがたいことになったことはなくこの歳まで来ました。

もちろん、肌がきれいだと言われたことは一回もありません。化粧品何を使っているかも聞かれたことはありません。肌について気にかけたことは今まで殆ど無かったといっても過言ではなかったと思います 汗

 その私が目覚めた???恋でもしたわけではありません ( ´∀` )

 何というか、最近体調が悪くて、イライラもしていて ああ、更年期だなぁとか思うようになってきて、そんなときにふと鏡を見たらさみしくなったというか・・・

 自分に優しくない日々を送っていたような気がしてきて、でも、すぐにできることは何だろう??と考えたときに、お肌の手入れをしてもみよう!!と思い立ちました。

 丁寧に化粧を落としたりマッサージをしたり、ちゃんと化粧水やクリームで保湿して。当たり前のことだけどこれができてなかった私。

 少しだけ前よりも時間を取ってしてみようと思い、始めました。

 まだお肌に変化は見られませんが、何となく楽しい時間です。

 夜、仕事から帰ってきて、お化粧を落としてマッサージをしたらお風呂に入り洗顔、そのあとたっぷりの化粧水とクリーム。自分に優しく、肌に優しく、と心で言いながら。

 高い化粧品は使っていません。

 なぜなら貧乏性で高いのをつかっているとついもったいなく思ってしまい、ケチケチ使ってしまいがちです。惜しみなくふんだんに使えるように、お値段はリーズナブルなものを使っています。

 どの化粧品が自分に合うのか、いろいろとジプシーをしていていまだに決まっていませんが、そんなことも肌の手入れをしながら探せるといいなぁと思っています。

 そして・・・

 ほんの少しだけでも、肌がきれいになってくれるといいなぁと願いを込めています。

 

 

入院していました

しばらくぶりのブログです。

2月12日から23日まで入院していました。

2月11日の夕方から急に腹痛、かかりつけの病院の救急外来受診するも、若い研修医が採血して「緊急性ないから」と帰らされた。

まったく処置は何もせずに帰らせようとするので「痛み止めください」と頼んだところロキソニンを出そうとするもんだから

クローン病でずっとかかっているんですけど、

ロキソニンは禁忌ですよね

と痛む腹を押さえながら言ってようやくブスコパンカロナールを出してもらって帰った。

 

しかし、4時間おきにそれらを飲む痛みは引かず

「こりゃ、ちょっと入院しそうな痛みだな」と感じて翌日お昼くらいから痛む腹を必死にこらえながら家の片付けと洗濯をし、着替えをしてようやく病院にの救急にかかった。

もう痛くて意識が遠のきそうだった。

救急車を呼ぼうと思ったのだが、一人だと救急車に乗せてくれないという話を聞いたことがあって、だからタクシーで行こうと決め、タクシーを呼ぶ。

病院に行ってほしい旨を伝えるとタクシーの運転手は私が腹が痛いとは思わないから

「今年は雪が少なくていいよね~」なんてのんきに話しかけてきたりしてくれた。

痛みってほんとに見た目ではわからないのだな。

 

 

それで病院の救急外来で診てもらったんだけど、結局、救外の先生が主治医を呼んだようで間もなくして主治医がやって来てくれて。

 

 

そうして入院になったのであった。

 

つづく

お見舞い申し上げます

具合が悪くて今日は仕事を欠勤した私。

だから朝のテレビ見てなかった私に、いきなりネットのニュースが飛び込んできた!

そう。大阪で起きた地震

このところ各地で地震が起きているので、毎日毎日驚いていたが

今日の地震は小学生の女の子が犠牲になってしまった。

子供が犠牲って・・・聞いていただけで胸が張り裂けそうになる。

ご冥福をお祈り申し上げます。

朝から、ずっとそのニュースで。

いたたまれなくて・・・これ以上被害が広がらないことを祈ります。

 

 

さて

先週の水曜日、仕事中に具合が悪くなってしまい

木曜からずっとお休みをいただいておりました。

今日もお休みしましたがだいぶよくなり落ち着いてきたから、明日から出勤します。

 

前も書いたことがありますが

私は「クローン病」という持病があって

それは17歳の時に診断ついてそれから四半世紀以上病気と共存。

後年、それがもとの腸閉塞や肛門狭窄から、8年前に人工肛門を造設。

 

いろいろとあった、いや、今でも ある私が、2年前からマラソンを始めたわけです。

 

全然速くないし、練習は少ないし

大会出ても距離は短く5キロ。

 

それでも、病気で長く運動から遠ざかっていた自分が

ラソンランナーとして大会に出たり

時々、近くの土手を走ったりしているのは

信じられないと同時に医学の進歩の恩恵を受けて生きていられる証で有難い限り。

 

でも、今回具合悪くなったのは

クローン病とは関係のない症状。

心臓のほうがちょっと・・・

 

近所のクリニックにて診察・検査するも、心配する状態でもなく

疲れとストレスがたまったせいだろうと言われ

様子見となった。

 

それはそれで安心した。

クローン病だけでなくまた病が増えると

何かと困る。

 

とりあえずホッと胸をなでおろしたが

やっぱり体力不足のためか、頑張りが利かない体だと実感して

落ち込む。

 

ラソンだって、

始めてみて

頑張っているけど

やっぱり、体の丈夫な人たちと比べてみると

その差は歴然。

病気になってからできる限り人と比べないで自分を生きようとしているけど

どんなに努力しても手に入らない「健康な体」がうらやましくて仕方ない。

 

ラソン大会の時も

仕事の時も

踏ん張りが

頑張りが

体力不足で

足りない。頑張れない。

 

私は物事は、努力次第でどうにでもなると思う節があるのだけど

「体」のことだけは、努力だけではどうにもならないことを

実感するのである。

 

最近出来たマラソン仲間(だと私は勝手に思っている)だって

みんなすごい。違う。

 

私は私、といつもいつも言い聞かせているように

ラソンの時も

自分に言い聞かせているけど

うらやましくて仕方なくなる。

 

はあ、何を言っているのか。

今日は落ちているからか、、、

 

 

今度は秋にマラソン大会に出ようと思っているけど

仲間には内緒でひっそり出ようかな。

 

 

 

やっぱり凹むんだわ

久しぶりのはてなブログっす。

冬の雪の話から一転してもう春だっていうの。

 

希望していた部署の異動は叶わず、古狸と化している私www

 

長くいるくせに、無駄に長くいるだけで未だに知らないことが多い。

けっ 使えないババァ と思っている輩もいるはずだ

って、ここまでくるとかなりの被害妄想。

 

最近、小さなダメ出しにも結構凹む。

ええ、仕事の話です。

 

よーーーーく気を付けているんだけど

うっかりすること、あるでしょう、誰だって。

そういう時に、一番突っ込まれてほしくない人に突っ込まれる。

ダメ出しされる。

小さなことでも 最近は凹むし、引きずる。

 

ランニングしたら少しいいかと思うけど、

今日はもうそれより、風呂に入って暖まりたかったんだな。

 

凹まなくなる方法ないかな。

 

レジリエンスを鍛えればよいという。

昨日本で読んだ。無駄にポジティブにならなくていいって。

今時って

ポジティブ、ポジティブって賞賛して

ネガティブが悪みたいだけど

それってどうかと思う。

 

毎日毎日ポジティブでなんかいられませんよ。

 

でも、毎日毎日不機嫌な顔している人は嫌だな。

何が気に入らないのか、朝から不機嫌

やーね!

 

そんな人からダメ出しを食らうと

やっぱり凹むんだわ。

 

楽しいこと考えて乗り切ろうっと。明日。

大雪と病気と重ねて考えてしまった夜。

「数年に一度の寒波」

「この冬一番の寒波」

「数十年に一度の強烈な寒波」

この冬、特に1月になってから何度となく聞いている。

この冬、雪は容赦なく連日降る。

そのうえ、普段は雪が降ったりしない地域もお構いなしに雪は降っている。

雪への備えがないので、そういう地域は本当に大変だと思う。

また、高齢化の進んでいる街では除雪の担い手が高齢者しかいないので

除雪ができなくて家から出ることが難しかったり

また、除雪中の事故で命を落としたりしている高齢者のニュースも聞く。

 

この寒波、大雪、いつまで続くのだろうか。

2月4日は立春。暦の上では春だというのに。

現実世界の春はまだ遠い。

 

「〇月〇日までずんずん雪は降りますが、その後は止んで暖かくなります」

なんていう具体的な予報が聞けたら

「あと何日我慢すればいいんだ!」って思いながら

大雪も頑張って乗り越えられるかもしれない。

でも、もうずっと見通しが立たない状態での雪が降る毎日だから

多分、みんなの疲労感はハンパないと思う。

 

そう、見通しが立たない我慢を強いられるほどつらいことはないと思う。

 

例えばワタシ。

クローン病人工肛門人間だから、時々イレウス(腸閉塞)を起こします。

激痛な腹痛やら吐き気、嘔吐、数日続くわけですが

「数日」が何日が具体的に分かれば、頑張ろうと思うけれど、

わからない中で頑張るのは結構つらい。

 

その点、手術するとつらいんだけど

「3日くらいたてばだいぶ楽になる」

ってわかるからつらいけど、痛いけど頑張って我慢できる。

 

まあ、大雪のつらさと

病気のつらさとを

比べるのは無理があるのだろうが

あまりに降り続く雪につい考えてしまった夜なのであった。

 

ふーーーーー。。。

こんなところに……

癒し癒されたい世の中
それくらい毎日ツラいことやストレスが満載な世の中。


そんな毎日の中でふとしたことで
癒されることがある。

ちょっとした一言で
ツラいときのその気持ちが救われた
っていうのは
誰もが経験したことはあると思う。

言葉は「言霊(ことたま)」なんだから
力があると私は思っている。

毎日、何を考えているか
毎日、何を話しているか
大切なんだと私は思っている。

今日は本や新聞記事やSNSでなく
「生理ナプキン」のパッケージに
癒された、という話。

こんなのを今日見つけた!
f:id:dorahime:20180128231629j:plain
f:id:dorahime:20180128231749j:plain

今まで全然気にも留めなかった
パッケージにこんなの書いてあるなんて
驚き👀‼でも、ちょっとステキ✨
f:id:dorahime:20180128231959j:plain

何でもないときには気がつかないことだけど
何かあると心に響くことや
見えることってあるんだね

明日も頑張るかな……

数年に一度の…

いやあ、本当に寒いんです。ここはシベリアですか??ってくらい。

・・・いえ、シベリアには行ったことはありませんが。

想像の世界で、きっとこんな風に寒いんだろうなって。

 

冬の生まれのせいか、更年期のせいかは定かでないけれど

夏の暑さにはすぐにバテてしまうが

冬の寒さには強いワタシ

 

だけど、先週からの大雪から~の今週の「数年に一度の寒波」のせいの寒さで

マジ、つらくなってしまっています。

手足冷たい。うううう、つらい!

 

f:id:dorahime:20180124222002p:plain

こんな感じ↑で通勤しています。

いや、ホントですって!

ワタシ、バス通勤なんですけど、

バス停を降りてから職場まで、そして

職場から最寄りのバス停まで歩くときはこのイラスト同じ。

ああ、そうだ、傘は川に飛ばされたこともあったっけ。

 

本当は昨日行った勉強会のこととか書きたいけど

もう少し寒さが緩んで気力が出てきたら書きます。

 

f:id:dorahime:20180124222513j:plain

あまりに寒いからウオッカ、飲んでみる。

f:id:dorahime:20180124222545j:plain

こんな感じで(笑)