どらちゃんの徒然なるママの日記

日常起きたこと、思ったこと、をつらつらと書いています。ええ、それだけなんです、ほんとに。

大雪と病気と重ねて考えてしまった夜。

「数年に一度の寒波」

「この冬一番の寒波」

「数十年に一度の強烈な寒波」

この冬、特に1月になってから何度となく聞いている。

この冬、雪は容赦なく連日降る。

そのうえ、普段は雪が降ったりしない地域もお構いなしに雪は降っている。

雪への備えがないので、そういう地域は本当に大変だと思う。

また、高齢化の進んでいる街では除雪の担い手が高齢者しかいないので

除雪ができなくて家から出ることが難しかったり

また、除雪中の事故で命を落としたりしている高齢者のニュースも聞く。

 

この寒波、大雪、いつまで続くのだろうか。

2月4日は立春。暦の上では春だというのに。

現実世界の春はまだ遠い。

 

「〇月〇日までずんずん雪は降りますが、その後は止んで暖かくなります」

なんていう具体的な予報が聞けたら

「あと何日我慢すればいいんだ!」って思いながら

大雪も頑張って乗り越えられるかもしれない。

でも、もうずっと見通しが立たない状態での雪が降る毎日だから

多分、みんなの疲労感はハンパないと思う。

 

そう、見通しが立たない我慢を強いられるほどつらいことはないと思う。

 

例えばワタシ。

クローン病人工肛門人間だから、時々イレウス(腸閉塞)を起こします。

激痛な腹痛やら吐き気、嘔吐、数日続くわけですが

「数日」が何日が具体的に分かれば、頑張ろうと思うけれど、

わからない中で頑張るのは結構つらい。

 

その点、手術するとつらいんだけど

「3日くらいたてばだいぶ楽になる」

ってわかるからつらいけど、痛いけど頑張って我慢できる。

 

まあ、大雪のつらさと

病気のつらさとを

比べるのは無理があるのだろうが

あまりに降り続く雪につい考えてしまった夜なのであった。

 

ふーーーーー。。。